株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

#9 凡事徹底の大切さ

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

松下電気の創業者である松下幸之助氏は

取引先の企業を訪問された時、

売上や利益などの数字を見なくても

その会社がうまくいっているかどうかを

瞬時に見抜けたといいます。

 

松下氏は三つのことに着目したそうです。

 

一つ目は

いらっしゃいませ、おはようございますという

爽やかな挨拶が従業員から返ってくるか。

 

二つ目は

事務所や従業員の机がきっちりと

整理整頓されているか。

 

三つ目は

トイレの掃除が行き届いているか。

 

以上の三つが出来ている会社は

間違いなく伸びるといい、

 

逆にこの三つが出来ていない会社は

今ある程度の業績があっても必ずダメになる。

 

そしてこのことは

すべての人に当てはまると言われたそうです。

 

このことは

凡事(当たり前のこと、簡単なこと)を

きちんと行うことの大切さを示しています。

 

凡事をきちんとできない人には

決して難しいことができることはないと

考えられるためです。

 

私たちも凡事徹底を目指しましょう。

そして何より継続することが大切です。


松下氏は

凡事をしっかりやり続けている人は

間違いなく成長するし、

逆にこれができない人は

絶対に伸びないとも言ったそうです。

 

凡事徹底の実践によって

自然と自分の成長を実感することができ、

それは自分にとっての大きな自信となります。

 

さらには周りからの信頼を得るなど

人生が好転する契機にも恵まれることでしょう。

 

私たちの日々のはたらきも

決して難しいことを行っている訳ではありません。

 

日々の挨拶や声掛け、掃除と整理整頓、

後片付け、人間関係8つのルール、

助け合いや補い合うことなど、

実はすべて凡事の積み重ねです。

 

これらは誰でも

今すぐに実践できるものです。

 

自分がこれから実践していきたい凡事徹底について、

または現在実践している凡事徹底について、

お互いにシェアし合いましょう。