株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

#6 ワクワクは真の個性

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

自分の真の個性を活かして、

明るく楽しく自分らしく生きていくための秘訣は、

ワクワクすることをやり続けることだと思います。

 

ワクワクは、

自分の内側から湧き上がってくる

純粋な意欲や喜びのことです。

 

それは、

一人ひとり異なるオリジナルのものであり、

外側からの影響や刺激によって起こるものではありません。

 

また、

激しく興奮するようなものではなく、

静かで穏やかなものです。

 

ワクワクを実行している人は、

周りから見ると「大変そうだなぁ」と思われるようなことでも、

本人はそれを苦難や困難だと感じることなく、

むしろ楽しさや喜びを感じながらやり続けているものです。

 

将来への恐れや不安が動機であったり、

結果を期待して損得感情で行う行動は、

ワクワクではありません。

それらを超越した純粋な意欲がワクワクです。

 

ワクワクは真の個性を発揮することと言えるでしょう。

 

純粋なワクワクを続けていると、

本人が意図しなくとも自然と、

自分だけでなく周りの人に対しても

喜びや幸福が広がっていることを感じるでしょう。

 

知識で固めている頭でっかちの人や、

いつも何かを考え込んでいる人は、

ワクワクから離れている人と言えます。

 

ワクワクから離れるほど、

人生はつまらなくなります。

 

なぜならば、

自分らしい個性(自分だけが感じる内側からのワクワク)を

発揮できない人生は、

他人の真似事であったり、

消化不良の人生となってしまうからです。

 

ワクワクすることは、

私たちの成長にともなって変化していくものです。

 

以前ワクワクしていたものに飽きる時が来たら、

新たなワクワクすることを探すサインかもしれません。

その自然に起こる変化を楽しんで受け容れてください。

 

これまで自分が実際にワクワクしたことを

経験したときの感情や充実感、気づき等をシェアしてください。

 

また、それが思いつかない場合には、

実は今、ワクワクしてやりたいことがある、

といった想いをシェアしてみましょう。