株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

心の闇を取り除くためのアプローチ「①環境整備」

精神的な病気や障害を根本から改善していくために、

心の闇を取り除くことが必要であると、私たちは考えています。

 

前回のブログでは、

なぜ心の闇を取り除く必要があるのかについて述べました。

 

今回と次回で、

私たちが行っている支援の取り組みを具体的に説明します。

 

取り組みを大きく分けると、

「①環境整備」と「②意識の改善」の2つです

 

<①環境整備について>

 

まず、心の闇を取り除くためには、

心の闇が作られた環境と逆のことをすれば良いと考えます。

 

これまで多くの若者たちと接し、

彼らがどのようにして心の闇を持つことに至ったか。

 

それを私なりに分析して、

ココカラ全体で取り組んでいるのが

人間関係8つのルールです。

 

1 否定しない

 (「それは無理」などと頭ごなしに否定しない)

2 抑圧しない

 (本人がAを求めているのに、こちらの都合でBをさせない)

3 強制しない

 (相手の意思を無視して、こちらの都合で行動させない)

4 比較しない

 (比較によって、人は劣等感を感じることになるから)

5 差別しない

 (「あなたは◯◯だから」といった偏見を持たない)

6 放置しない

 (必要に応じてきちんと指導したり、叱ることを怠らない)

7 孤立させない

 (本人の意図しない孤立は、心の闇を作り出すため)

8 怒りを向けない

 (感情的にならない、感情を相手にぶつけない)

 

以上8つを簡単にまとめると、

相手を傷つける言動や行為を行わない、ということです。

非暴言、非暴力は当然です。

 

このルールを皆で守り合うことによって、

思いやりと温かみのある人間関係

自然と構築されていきます。

 

もちろん、誰もが初めから完璧に守ることはできません。

怒りを向けてしまう人も、相手を否定する人もいます。

だけど、それによって相手が傷ついていくことを学びます。

 

私たちは、理想的な人間関係とは、

お互いに傷つける関係ではないことを伝えます。

 

そうではなく、

異なる者同士がお互いを認め合い、

受け容れ合うことによって、

自分にできる形で周りに何らかの貢献していくことだと伝えています。

 

こうした環境で時間を過ごすことが多くなり、

少しずつこの人間関係に慣れてくると、

自然と意欲が湧いてきて、自分を表現できるようになっていきます。

 

例えば、

「◯◯がしてみたい」「実は◯◯だったの」というように、

自己開示ができるようになってきます。

 

また、他人へ思いやりや優しさを示すことができるようになります。

 

なぜならば、この人間関係が担保されていれば、

自分の想いや意欲を否定や抑圧されることがないからです。

 

自分が傷つかない環境だからです。

つまり、安心できているからです。

安心の反対は、不安です。

 

人は自分を否定されたり、怒りを向けられるなど、

自分が傷つけられる可能性のある環境では、不安になります。

 

皆が安心して、自分を表現できる環境づくりが必要なのです。

 

<エネルギーについて>

 

ところで、人が病気になったり、

何らかの症状が表れてしまうのは、

エネルギー不足が原因だと思っています。

 

人は自分の想いや意欲を

否定・抑圧され続けると、エネルギーを失います。

 

逆に、自分の想いや意欲を

認めてもらえて、それに取り組むことで、

どんどんエネルギーが湧いてきます。

 

実はシンプルに、これだけなのです。

(故、飯島秀行先生のフリーエネルギー理論を参考にしています)

 

やりたいことや意欲を尊重して、

どんどん実践してもらうと、

不思議な程に、皆エネルギーが湧いてきて元気になっていきます。

 

他人から喜んでもらえる経験が、

人にエネルギーを与えます。

 

他人から否定される経験が、

人からエネルギーを奪います。

 

実にこれだけなのです。

 

心の闇がある状態とは、

エネルギーがなくなった状態のことなのです。

 

心の闇を取り除くとは、

エネルギーを満たしていくアプローチのことです。

 

だから私たちは、

本人の意欲を尊重できる環境づくりに努めています。

「人間関係8つのルール」がその基本となるものです。

 

もちろん、すべての意欲を尊重する訳ではありません。

相手を傷つけるものや、自然を傷つけるものは、

私たちがきちんと指導します。

(これは「7番の放置しない」です)

 

そして、良質な支援を行うための最大のポイントは、

「支援する側のエゴを出さない」ことです。

 

これが、難しいのですが、

日々、私たちも勉強し、反省しながら、

支援の質を高めていけるよう努力しています。

 

支援する側の人間性・精神性を高めていくことでしか、

支援の質を高めることができないためです。