株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

通所する目的が「わからない」でも大丈夫

<「わからない」が口癖の若者たち>

 

ココカラに来所される方のタイプを分類すると、

大雑把には以下のどちらかに分けることができます。

 

①ココカラに通所する目的が自分なりにあるタイプ

(このタイプは初回面談時に単身で来所することが多い)

②初回は親同伴で来所して、本人は通所する目的が「わからない」タイプ

 

結論から言うと、②のタイプのように

通所する目的がわからなくても大丈夫です。

 

むしろ、①の目的が明確なタイプには、

不安や心配、焦りから、その目的自体が歪んでいる場合や、

かえって自分を苦しめてしまう目的を設定をしている場合があり、

そうした思い込みを修正していく方が実は大変でもあります。

 

②のタイプの当事者と面談していると、

様々な質問をしてみても「わからない」という返答が多いのです。

 

「どういう風に働きたい?」→「わからない。」

「何かチャレンジしたいことはある?」→「わからない。」

 

なぜ、彼らは「わからない」のでしょうか?

 

それは、彼らが、

絶対的に社会での経験値が足りていないからだと思います

 

だから、将来どうやって生きていくのか、

どうやって働いていくのかを

イメージすることができないのです。

 

<社会から孤立してしまう若者たち>

 

何らかの理由があって、社会から孤立することを選び、

不登校状態や自宅にひきこもる状態が続いていると、

社会経験(リアルな人間経験)を積むことができません。

 

家族間のコミュニケーションも希薄なものになっていて、

家族間で感情をぶつけ合ったり、悩みを相談するなどの

時間を共有することも少なくなったようです。

 

買い物をするにしても、

コンビニやネットショッピングが主流となったために、

コミュニケーションをする必要性が喪失されました。

 

今の社会は、コミュニケーションを行わなくても、

お金さえあれば、それなりに生きていける環境に変わりました。

 

その結果、

コミュニケーションに苦手意識を持つ若者たちが増える一方です。

 

そして、彼らは長期的に見ると、次々と孤立化していきます。

人付き合いが上手にできないからです。

 

孤立したとき、本当に頼れるのは親だけです。

親は子の将来を心配しますが、実際にはどうすることもできません。

 

親は悩んだ末に、役場に行って相談するか、

精神科や心療内科を受診することを選びます。

その結果、当事者本人たちは精神疾患発達障害と診断されていきます。

 

そうして、福祉制度が活用できることを知り、

うちのような障害福祉サービス事業所に辿りつきます。

 

これで良いのかと問われれば、

良い訳がないとハッキリと断言します。

 

でも、このような若者たちが増えていることは事実であり、

何より彼らに生きる道標や希望を与えられる環境づくりが必要です。

 

だから、障害福祉サービス事業 「ココカラ」を運営しています。

彼らと接点を持つためには、今の社会構造的に、

障害福祉制度を活用する以外に有用な手段が乏しいからです。

 

<「わからない」を「わかるようになった」に変えるために>

 

ここで話を戻します。

 

社会的に孤立した若者たちは、社会経験が少なすぎるために、

これから実社会で起こることをイメージすることは困難です。

 

だから「わからない」という言葉が出てきます。

これを「わかるようになった」という言葉に変えていくことが重要です。

 

だから、ココカラでは、

様々な経験を積むための環境づくりを行っています。

 

様々な経験とは、

人間関係(上下、同世代、恋愛など)、仕事、自己表現、

問題対処、問題解決、課題の克服、病気の根本からの改善などです。

 

私たちは特別なことをしている訳でなく、

生命の原理原則に則ったことを皆で共有しているだけです。

 

こうした環境である程度の期間、

成長意欲を忘れずに学んでいれば、

わからなかったものが、どんどんわかるようになっていきます。

 

時間はかかりますが、みんな少しずつ解ってきます。

社会の仕組み、人間関係の在り方、

仕事の在り方、生きる意味や目的など。

 

こうしたことを伝えることも、私たちの役割だと思っています。

 

だから、通所する目的が「わからない」でも大丈夫なのです。

「わかるようになる」ための支援環境を整えているからです。

 

ただし、

新しい価値観や考え方を受け容れられる「素直さ」が必要ですが。