株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

人が成長するために一番必要なもの

弊社Rememberに関わるすべての人を観察していると、

人間的に成長している方たちには共通の特徴があります

 

それは、

素直(すなお)である」ことです。

 

素直である人は「素直さ」を持ち合わせています。

「素直さ」を私たちは以下のように定義しています。

 

「素直さ」とは、

今までの自分にない新しい価値観や考え方を受け容れて、

それを自分に取り入れて実際に行動に移すことのできる能力です。

 

◇◇◇

<人間が持つ自由意志と個人我>

 

地球上の大自然の中で生まれたあらゆる生命は、

例外なく時間と共に変化・変容を続けています。

 

例えば、植物は自然のサイクルに従って変化を続けています。

春は芽吹き、夏は花を咲かせ、

秋には実を落とし、冬は次の芽吹きのためにエネルギーを静かに充たす。

 

植物は、大自然の流れに身を委ねているので、

自分だけは時期をずらして咲きたい、というような

自由意志」は持ち合わせていません。

 

植物は究極的に「素直な」生き方を体現しているのだと思います。

 

その一方で、

私たち人間は「自由意志」を持ち合わせているので、

この事が個人我を作り出す要因ともなっています。

 

例えば「変わりたいない」「好き嫌い」「こだわり」などの、

個人の価値観や考え方(個人我)を持つことが可能となり、

その結果、変化・変容を受け容れないという選択をすることもできます。

 

この個人我の在り方によって、

幸福に生きることもできれば、辛く苦しく生きることにもなりえます。

 

もし今、その個人我によって生きることが辛く苦しいのだとしたら、

自分の価値観や考え方(個人我)に偏りがあることを受け容れて、

より良い方へ変化・変容していくことが必要なのかもしれません。

 

◇◇◇

<素直さと個人我は反比例の関係性>

 

素直さと個人我は反比例の関係性があると思っています。

 

素直な人は、

個人の価値観や考え方の偏り(個人我)が少なく、

 

素直でない人は、

個人の価値観や考え方の偏り(個人我)が多いのだと思います。

 

例えば、本を読んで何かを学んだり、

自分にとって必要な助言をされたり、

セミナーなどで良い教えを聞いたとします。

 

この時に、「良いことを教わったぞ。すぐに実践してみよう。」と

実際に行動に移すことのできる人は、素直な人です。

 

反対に素直でない人は、頭では理解しているのだけれども、

必ずそれを取り入れない言い訳をして、結局のところ実践しません。

 

個人我がさらに強い人になると、

学んだことや教えへの反発、批判や悪口などにも発展することさえあります。

 

素直な人はこのチャンスを活かして、

自分をより良い方へ変えることができますが、

 

素直でない人は、個人我が邪魔をして、

自分をより良い方へ変えるチャンスを失っていきます。

 

◇◇◇

<優秀さよりも、素直さ>

 

私たちの施設では、これまで説明したような

素直さと個人我の関係なども皆にお伝えしています。

 

Rememberで伸びるスタッフ、メンバーは

やっぱり素直な人なんです。

 

逆に、Rememberで伸びない人は、

やっぱり個人我が強い、素直でない人なんです。

 

素直でない人は、単に伸びないだけでなく、

組織全体にとってマイナスの影響を与えることが時折ありました。

 

この教訓を活かして、最近の人事に関わる面談では、

スタッフの採用や、サービスを利用するメンバーとの面談では、

私が確認することは、

素直であるか、人間的に成長したいか。

この一点の確認をしているのです。

 

優秀かどうかでなく、素直かどうかを見極めるのです。

何よりこの一点の確認が重要だと思っています。