株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

事業②:農業部門「ココカラファーム」

 Rememberでは、以下の3つの事業を行っています。

 

障害福祉サービス部門「ココカラ」

② 農業部門「ココカラファーム」

③ コミュニティ部門 ※2018年度から少しずつ活動開始予定

 

3つの事業はすべて関連性があります。

今回のブログでは、②の「ココカラファーム」についてお伝えします。

  

◇◇◇

<ココカラファームの概要>

f:id:kotaromaekawa:20170721122821j:plain

f:id:kotaromaekawa:20170721122836j:plain     f:id:kotaromaekawa:20170721122848j:plain

(写真上)ココカラファームの一部風景

(写真左下)オクラの花と実

(写真右下)ホーリーバジル

 

茨城県水戸市那珂市城里町において、

休耕地を無償でお借りして耕作を行っています。

 

化学肥料を用いない有機無農薬栽培です。 

現在は畑作のみで、作付品種は40種類以上。

 

現在の農地の規模は合計すると約2ヘクタールです。

稲作は来年から開始したいと思っています。 

 

農業の師の方々から教えていただきながら、

全員が素人同然から始めています。

 

私たちは「祈り」を大切にしています。

私たちの行っていることは「祈り農法」と勝手に名付けています。

f:id:kotaromaekawa:20170721124649j:plain

大自然への畏敬の念。

あらゆる生命・微生物への感謝。

土地を使わせていただけるご縁への感謝。

 

「私たちの元で育った野菜を口にした方々が健康となり、

喜びと感謝のエネルギーで満たされますように。」

 

こうした想いを大切にして、

私たちは農業を行っています。

 

すると、素人が作っているのに、

何故か野菜が本当に美味しいのです。

祈り」は大切だと思っています。

 

また、今後は、農作物の生産(1次産業)だけでなく、

加工(2次産業)、販売・サービス(3次産業)までを含めた

総合的な6次産業のモデルを構築していきます。

 

具体的には、農作物や加工品の販売を行う直売所の運営や、

オーガニックの飲食店運営なども行っていきます。

こうして、多くの方を雇用できる環境づくりを行っていきます。

 

f:id:kotaromaekawa:20170721122858j:plain

(写真上)毎日「ココカラ」で提供しているお昼ごはんです。 

     材料のほとんどはココカラファームで採れた野菜です。

 

◇◇◇

 <ココカラファームの目的>

 

ココカラファームの目的は2つあります。

1.「ココカラ」に集まってきてくれた方たちの雇用創出のため

2 . コミュニティ部門の食糧自給のため

 

◇◇◇

<1つ目の目的:雇用創出を行う理由>

 

前回のブログ記事で書かせていただいたので、引用します。

 

〜〜〜以下、前回ブログからの引用〜〜〜

 

ココカラに来て、本気で成長したいと頑張っている人たちは、

例外なく、立派な働き手に成長していきます。

 

しかしながら、社会には偏見があり、ひきこもり歴や障害歴があるだけで、

雇ってもらえないということが、本当に多く見受けられます。

 

また、障害者雇用を行っている企業でも、

彼らの「人間性」を尊重するのではなく、

障害者雇用率達成のための数字としてしか見てくれない

企業さんはかなり多いというのが実情です。

 

このため、私たちは、

ココカラに集まって来てくれたメンバーたちの力を集めて、

きちんと雇用し事業化することを目的として、

農業部門「ココカラファーム」を立ち上げました。

 

若い働き手の不足問題がよく社会問題で取り挙げられていますが、

それは障害や孤立者に対する偏見をなくしていけば、

緩和されていくと思います。

 

障害福祉サービス部門「ココカラ」を開設してから、

まだ2年8ヶ月と月日は短いながらも、

スタッフ19名、メンバー70名、合計90名ほどの組織となっています。

 

しかも、毎月人数は増え続けています。

つまり、これだけの潜在的な働き手が存在しているのです。

ただ、彼らと一般社会とのミスマッチが生じているだけなのです。

 

私たちは、障害福祉サービス部門「ココカラ」によって、

こうした働き手が集まる場(環境)を創っているのです。

 

◇◇◇

<2つ目の目的:コミュニティ部門の自給自足>

 

2018年度から活動を開始する予定の

コミュニティ部門の食糧自給が2つ目の目的です。

 

コミュニティ部門では、

誰もが安心して生活することができる環境づくりを行います。

 

政治や経済の動向に左右されない、

たとえ東日本大震災のような災害が起きたとしても

安心して生活することが可能なコミュニティづくりを目指します。

 

人間が安心して生きていく上で、最低限必要とされるのは、

「衣・食・住」が担保されていることだと思います。

 

その中の「食」を保証することが、

ココカラファームの目的の一つでもあります。

 

コミュニティ部門の詳細に関しては、

次回以降のブログで詳しくお伝えします。