株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

2017.5.31 本日卒業したメンバーさんからの手紙

2017.5.31 

以下の手紙は、ココカラに通所し始めてから

徐々に過食症の症状が改善していき、

結婚することが決まり、本日退所された女性メンバーさんからの手紙です。

 

f:id:kotaromaekawa:20170531183459j:plain

 

株式会社Remember ココカラの皆様へ

 

旅立つ時を前に、これまでの約2年のことを思い返していました。

 

一番初めの面談で、

「大切なのは、どれだけ自分を愛せるか」

そう言った社長の言葉と共に、

自分のありようを見つめてきた日々でした。

 

通所を通し、治療が進む中で、

自分が欲しいものは、痩せた身体でも、

たくさんの食べ物でもなかったと、

痛いほどに気付かされてきました。

 

関わりが生まれる温かさが、

私は何より欲しかったのだと、

正直な心の声を聞きました。

 

そう認めることができてもなお、自信などなく、

他人への抵抗はやっぱり根強くて、

思うようにはなかなか歩けなかったけれど、、、

 

気にかけ続けてくれた皆さんの温かさに

いつも励まされていました。

 

自分を愛せるようになったのかはわかりません。

 

だけど、大切な人ができ、

その人を今、勇気を持って愛しています。

 

一緒にいると、幸せだと言い、

笑ってくれます。

 

そんな時は、

自分は自身を好きか嫌いか、許せるのか、

そんな気持ちはごく自然と手放せて、

ただ幸せだと感じています。

 

今まで、お世話になりました。

与えてもらってばかりでしたが、

ココカラを利用することができて良かったです。

 

皆様、お身体を大切に。

私は岐阜で頑張ります。

居場所をくれたことに、深く感謝します。

 

ありがとうございました。

 

(追伸)

 

皆さんが皆さんであることに、

私が私であることに、

きっといつだって何の不足もないと思います。

 

それは例えば、障害と名のつく部分が

自分の中にあったとしても。

 

どうか胸を張って生きて欲しいと、

僭越ながら願います。