株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

2017.5.31 本日卒業したメンバーさんからの手紙

2017.5.31 

以下の手紙は、ココカラに通所し始めてから

徐々に過食症の症状が改善していき、

結婚することが決まり、本日退所された女性メンバーさんからの手紙です。

 

f:id:kotaromaekawa:20170531183459j:plain

 

株式会社Remember ココカラの皆様へ

 

旅立つ時を前に、これまでの約2年のことを思い返していました。

 

一番初めの面談で、

「大切なのは、どれだけ自分を愛せるか」

そう言った社長の言葉と共に、

自分のありようを見つめてきた日々でした。

 

通所を通し、治療が進む中で、

自分が欲しいものは、痩せた身体でも、

たくさんの食べ物でもなかったと、

痛いほどに気付かされてきました。

 

関わりが生まれる温かさが、

私は何より欲しかったのだと、

正直な心の声を聞きました。

 

そう認めることができてもなお、自信などなく、

他人への抵抗はやっぱり根強くて、

思うようにはなかなか歩けなかったけれど、、、

 

気にかけ続けてくれた皆さんの温かさに

いつも励まされていました。

 

自分を愛せるようになったのかはわかりません。

 

だけど、大切な人ができ、

その人を今、勇気を持って愛しています。

 

一緒にいると、幸せだと言い、

笑ってくれます。

 

そんな時は、

自分は自身を好きか嫌いか、許せるのか、

そんな気持ちはごく自然と手放せて、

ただ幸せだと感じています。

 

今まで、お世話になりました。

与えてもらってばかりでしたが、

ココカラを利用することができて良かったです。

 

皆様、お身体を大切に。

私は岐阜で頑張ります。

居場所をくれたことに、深く感謝します。

 

ありがとうございました。

 

(追伸)

 

皆さんが皆さんであることに、

私が私であることに、

きっといつだって何の不足もないと思います。

 

それは例えば、障害と名のつく部分が

自分の中にあったとしても。

 

どうか胸を張って生きて欲しいと、

僭越ながら願います。

2017.4.15 おかげさまで3周年

2014年4月15日に創業した

株式会社Remember は、

おかげさまで3周年を迎えました。

 

ひきこもり世帯への訪問活動から始まった会社活動は、

様々な紆余曲折を経て、

現在の就労支援の形と変化していきました。

 

就労支援にも様々な形があると思いますが、

私たちは「心の闇を取り除く」ことで、

精神的な病気や症状を根本から改善していくための

お手伝いをさせていただいています。

 

さらには、

社会に出てから新たに心の闇を生み出さないために、

「生き方や心のあり方について学ぶ」ことも大切にしています。

 

今の日本の社会では、

学校でも職場でも家庭内でも、

生き方や心のあり方を学べる環境がほとんどありません。

 

皆、学んでいないために、

本人が気付いているかいないかに関わらず、

自分の心のあり方によって、

病気になったり苦しんでいる方が数多く見受けられます。

 

精神疾患と呼ばれる、あらゆる心の病気は、

これまでの生活環境や周りからの影響によって、

考え方や心の在り方のバランスが偏ってしまった状態だと

私たちは感じています。

 

私たちは、

それらのバランスを整えていくための

支援アプローチと環境整備を行っています。

 

また、今の日本の社会環境は

いろいろな所に「歪み」があります。

 

政治や経済、ビジネスの世界の

一部の利権のため体制。

 

平均化、均一化を求めて、

個性を発揮することを抑えつけている

学校教育のあり方。

 

このような社会で「生きにくさ」を感じることは

ある意味、自然なことだと思います。

 

私も、生きにくさを感じていたから、

市役所を辞め、今の仕事を始めました。

 

でも、いくら生きにくさを感じる社会であっても、

その社会の中で、きちんと自分らしく生きていく強さが必要です。

 

その強さを得るために、様々なことも学ぶことも必要です。

 

社会の仕組みを知ること。

心や感情の仕組みを知ること。

生きがいや生きる喜びとは何かを知ること。

 

「なぜ、自分の心のこんなに闇が溜まったのか」

「なぜ、こんなに生きにくさを感じるのか」

「この社会で生きていく自信も希望もない」

「自分らしさがわからない」

 

こうした想いを持った方たちに、

私たちは何らかのお手伝いができると思います。

 

これからはこのブログを通じて、

私たちの理念や実践、ビジョンなどを発信していきます。

 

このブログが、誰かの助けや救いの一助となれば本当に嬉しく思います。