株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

#7 完璧主義は苦しいもの

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

完璧主義の人は、

自分だけでなく他人にも完璧を求めてしまいます。

 

私たちはついつい自分を棚に上げて、

相手に完璧を要求しがちです。

 

こうしてできる人間関係は、

ちょっと窮屈で苦しいものになってしまいます。

 

そもそも、

人が完璧にできることは多くありません。

ほとんどないと言っても良いと思います。

 

それなのに完璧主義の人は、

「こうあるべき」「できて当然」

という考え方によって、

 

自分にも他人にも

無理なことを求めてしまうのです。

 

その結果、

自分に完璧を求める人は、

できない自分を否定して苦しみます。

 

また、他人に完璧を求める人は、

相手を責めたり、イライラしたり、

許せなくなることで苦しんでしまいます。

 

完璧主義の背景には、

様々な原因が潜んでいます。

 

例えば、自信のなさや、

強い劣等感(コンプレックス)などです。

 

いずれにしても、

何らかの恐れや不安が原因となっていると考えられます。

 

恐れや不安の「種」からは、

恐れや不安の「花」しか咲きません。

 

もし、

自分が完璧主義であると感じるのであれば、

自分の考え方を変えていくことをおすすめします。

 

完璧主義ではなく、

不完璧主義を目指していきましょう。

 

自分にも相手にも100点を求めるのではなく、

60点でオーケー、80点で最高だと思った方が、

心にゆとりができます。

 

できない部分をネガティブに捉えずに、

自分はその分もっと成長や改善することができるんだ、

とポジティブに捉えてみてください。

 

心を楽にする秘訣は、

不完璧主義です。

 

自分も相手も失敗してもいいんだ、

人間なんだから、完璧にできなくて当然なんだ、

できたことをお互いに認め合って、補い合えばいいんだ。

 

これが楽で楽しい人間関係の秘訣だと思います。

 

これまで完璧主義で苦しんできたこと、

または、考え方を不完璧主義に変えて

楽になったことや解決した問題などを、

お互いにシェアしてみましょう。 

#6 ワクワクは真の個性

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

自分の真の個性を活かして、

明るく楽しく自分らしく生きていくための秘訣は、

ワクワクすることをやり続けることだと思います。

 

ワクワクは、

自分の内側から湧き上がってくる

純粋な意欲や喜びのことです。

 

それは、

一人ひとり異なるオリジナルのものであり、

外側からの影響や刺激によって起こるものではありません。

 

また、

激しく興奮するようなものではなく、

静かで穏やかなものです。

 

ワクワクを実行している人は、

周りから見ると「大変そうだなぁ」と思われるようなことでも、

本人はそれを苦難や困難だと感じることなく、

むしろ楽しさや喜びを感じながらやり続けているものです。

 

将来への恐れや不安が動機であったり、

結果を期待して損得感情で行う行動は、

ワクワクではありません。

それらを超越した純粋な意欲がワクワクです。

 

ワクワクは真の個性を発揮することと言えるでしょう。

 

純粋なワクワクを続けていると、

本人が意図しなくとも自然と、

自分だけでなく周りの人に対しても

喜びや幸福が広がっていることを感じるでしょう。

 

知識で固めている頭でっかちの人や、

いつも何かを考え込んでいる人は、

ワクワクから離れている人と言えます。

 

ワクワクから離れるほど、

人生はつまらなくなります。

 

なぜならば、

自分らしい個性(自分だけが感じる内側からのワクワク)を

発揮できない人生は、

他人の真似事であったり、

消化不良の人生となってしまうからです。

 

ワクワクすることは、

私たちの成長にともなって変化していくものです。

 

以前ワクワクしていたものに飽きる時が来たら、

新たなワクワクすることを探すサインかもしれません。

その自然に起こる変化を楽しんで受け容れてください。

 

これまで自分が実際にワクワクしたことを

経験したときの感情や充実感、気づき等をシェアしてください。

 

また、それが思いつかない場合には、

実は今、ワクワクしてやりたいことがある、

といった想いをシェアしてみましょう。

#5 個性とは

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

個性とは何でしょうか。

 

Rememberでいう個性とは、

生まれながらに自然と備わっている外見や性格、

得意なこと、興味を持つ対象などと考えます。

 

 

誰一人と同じ人間が存在しないように、

私たちは異なった個性を持って生まれています。

 

顔や声などの外面的なものから、

得意なことや興味を持つことなどの内面的なものまで、

まったく一致する人など存在しません。

 

生まれながらに備わっている

個性に沿った生き方をしていれば、

それほど多くの苦難困難に遭うことは少ないと思います。

 

逆に、自分の個性に合わないことを

無理にでも行おうとすると、

苦難困難に出逢うことが多くなってしまいます。

 

例えば、

一つのことに集中することが得意な人が、

同時並行でいくつもの仕事を行おうとすると、

苦労することが想像できます。

 

自分の個性を活かすためのポイントは2つあると思います。

 

1つ目は、生まれつき備わっている自分の個性を認識すること。

2つ目は、人間関係や仕事の本質は「補い合い」であると気づくこと。

 

個性を活かすということは、

「補い合い」の関係性があってこそ成り立ちます。

 

実は、補い合える人間関係がなければ、

個性を活かすことは不可能なのです。

 

個性を活かすことができ始めると、

人は元気になります。

 

生きる意味や

人に役立てる喜びを感じることができます。

 

孤立して孤独な人が病気になってしまうのは、

個性を活かすことができていないからだと思います。

 

Rememberでは、

仕事の本質は「補い合い」だと考えます。

 

自分にできないことを嘆くのでなく、

自分にできることで周りの人たちの役に立てば良いのです。

 

自分の個性を活かせた経験をシェアしてください。

または、自分にできることをシェアしてください。

自分の個性がわからない人は、それを正直に伝えて、

周りの人から自分の個性を教えてもらいましょう。

 

広告を非表示にする

#4 変化こそ安定の基

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

自然界のすべての生命は、常に変化し続けています。

そして、変化を終えた時に死を迎えます。

つまり、生きているうちは変化し続けています。

 

私たち人間も、生まれた時から、

例外なく常に変化し続けて生きています。

 

これは顔や体型、年齢といった外面的要素だけでなく、

性格や心のあり方などの内面的要素も含みます。

 

生きていると、自分が変化することを促す局面が必ず訪れます。

その際に、思い切って「エイッ!」と、

その変化を受け容れて、実際に行動してみてください。

 

変化する際には、恐れや不安も生じるものですが、

それを乗り越えることが大切です。

 

逆に、変化することを拒み続けて、

現状維持ばかりしていると、必ずその反動が生じてしまいます。

 

人によってその反動は異なりますが、

生きることに苦しさや辛さを感じたり、

病気や症状となって現れることがあります。

 

変化こそが生命本来の流れであり、生き方の本質です。

 

もし、恐れや不安によって変化を拒んだ結果、

生きることに苦しんでいる人がいたとしたら、

れは「あなたの生き方が間違っているから苦しんでしまうのだよ」という、

天からの有難いサインと言えるのではないでしょうか。

 

変化することを積極的に受け容れて、

実際の変化や自身の成長を楽しむことを目指してください。

 

変化を楽しむことは、

心身を充実させ、安定させることに繋がります。

そして何より、人生を楽しむことができるようになります。

 

変化こそ安定の基なのです。

 

恐れや不安は、刺激的な感情です。

実は「それを乗り越えた先に、こんな変化や成長がありました」という

ストーリーには欠かせない要素なのです。

 

これまで、思い切って変化することを選んで

良かったと思う事例をシェアしてみてください。

 

または今、変化の局面にいるのだけど、

恐れや不安があって一歩踏み出せないという方は、

シェアすることで皆から乗り越える勇気と励ましをもらってください。

広告を非表示にする

#3 はたらくとは、傍(はた)を楽(らく)にすること。

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

Rememberでは、はたらくとは、

単に賃金労働をすることではないと考えます。

 

はたらくとは、「傍(はた)を楽(らく)にすること」です。

 

傍(はた)とは、今、縁があって自分の周りにいる人たちや、

これからの未来に出逢う人たちのことです。

 

楽(らく)にするとは、助けることです。

 

つまり、はたらくとは

「自分の個性を活かし、できることや得意なことを通じて、

他者の助けになることを行う」ことです。

 

ですから、家族のために子育てをし、

日々家事を行なっている主婦は立派にはたらいていると言えます。

 

例え子どもでも、友人に勉強を教えたり相談に親身に乗るなど、

誰かの役に立っている子は立派にはたらいていると言えます。

 

生きることは、はたらくことです。

 

私たちは皆、他者からの積み重なった

幾百千乗のご恩の中に生かされています。

 

お互いに助け合い、補い合う関係性こそが健全な人間関係であり、

生命本来の「はたらきかた」だと思います。

 

はたらくことを単なる賃金労働だと考えていると、

はたらくこと自体が我欲の延長になってしまったり、

はたらくことを通じて生きがいや生きる喜びを見い出せないものです。

 

お金は生活をする上でとても大切なものですが、

私たちはお金を稼ぐためだけに生きている訳ではないのです。

 

大自然の動植物や微生物のはたらきを観察していても、

お金や私利私欲のためにはたらいている生命はありません。

 

すべての生命が、傍を楽にするはたらきをしています。

人間も大自然の一部ですから、私たちもそれを見習いたいものです。

 

自分の存在が他者の役に立ち、

それを相手から感謝されたり、他者から必要とされた時に、

私たちは生きがいや生きる喜びを感じることができるのです。

 

はたらく(傍楽)とは、

貴方らしい愛情表現で

周りの人たちの役に立つことだと思います。

 

はたらく(傍楽)を通じて、自分がどう変化していったのか。

または、生きがいや生きる喜びを感じることができた事例をシェアし合いましょう。