株式会社Rememberの取り組みについて

株式会社Remember代表・前川航太朗からの情報発信です。

ホームページをリニューアルしました!

株式会社Rememberホームページ

http://www.remember.co.jp

#13 人の成長には順序がある

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

赤ちゃんの成長に関しては、

まず首がすわり、次に寝返りをうつようになり、

ハイハイを経た後に、立ったり歩いたりするようになります。

 

赤ちゃんの成長過程において、

この順序が乱れることはないと思います。

 

同様に、私たちのその後の成長にも

本来は以下のような成長順序があります。

 

3歳までは、

 なるべく親元から離れずに母性的な愛情

 (子を全面的に受け容れること)を十分に受けて育つことが重要です。

 

3歳から4歳で、

 親が観ている中で自分ができることに気付き始めます。

 

9歳から10歳で、自我が芽生え、

 親から離れても世間でやっていけることを示し始めます。

 

13歳から15歳で反抗期を迎えて、

 自分のことは自分で決め始めます。

 

・反抗期を迎えた後は、

 母性的な愛情よりも父性的な愛情

 (生きていく上で必要な知恵や知識を与えること)が必要となります。

 

21歳から25歳になると、

 自分の生き方を具体的に自分で決めて、

 実際に責任感を伴った行動(結婚など)ができるようになっていきます。

 

健全な生育環境があれば、

通常はこのように順を追って成長していく訳ですが、

親が誤った子育てや躾などを行っていると、

成長過程のある時点で成長が停滞してしまったり、

その後の成長に歪みが生じることがあります。

 

このことは、あまり知られていないと思います。

 

例えば、

自分に自信がなく周囲の目線が怖くてビクビクしてしまう人は、

母性的な愛情が不足しています。

 

誰かが側にいることを望む人や自分で決めることが出来ない人は、

親が過保護か心配性であったと推測できます。

 

また、反抗期を迎えていないお利口さんタイプの人は、

小さい時から親からの抑圧が強い環境で育ってきた可能性があります。

 

以上のような分析を基に、

当事者の成長が未熟なまま進んでしまった時点まで

遡って支援を行うことが必要だと考えます。

 

なぜならば、

人は成長を取り戻そうとする習性があるためです。

 

そのために、

支援する側と支援される側が

お互いに原因と現状を共有し、

これからの支援方針と目標を立てることが重要だと考えます。

 

人の成長には順序があります。

このことを踏まえて支援に取り組みましょう。

#12 一張一弛

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

「一張一弛(いっちょういっし)」とは、

「時には厳格に、時には寛容に生きるべき」

という儒学の思想です。

 

弓はピンと張らないと役に立ちませんが、

その力を発揮するために、

使わないときは弛めておく必要があります。

 

水戸藩第9代藩主である徳川斉昭公は、

この思想を基に、

厳格に学問に励むための弘道館と、

皆が楽しむための偕楽園をお作りになりました。

 

このことは、

心を張ること、弛めることの

双方どちらも重要であることを示しています。

 

私たちの日々の仕事や生活に

「一張一弛」の思想を取り入れてみましょう。

 

心を張る場面、弛める場面を

うまく使い分けていくのです。

 

心を張る時は

「やるべき時に、集中して、きちんと最後までやり切る」

ことを心がけてください。

 

弓は限界まで張ることによって、

遠くまで矢を放つことができます。

 

全力を出すべき時に、

それを惜しんで力をセーブすることが

習慣になってしまうと、

何事においても本来の力を

発揮することができないものです。

 

心を弛めるためには、

思い切って何も考えない時間を確保してみてください。

 

自然の中で一人だけで過ごすことや、

瞑想することがおすすめです。

 

いつも脳内でグルグル動き回っている

考え事や心配事から離れることも、

時には必要です。

 

ちなみに、

テレビを観たり、ゲームをしていることは

弛めていることになりません。

 

静かに穏やかな状態であることが望ましく、

外部からの情報が入っている状態は、

弛めているとは言えないでしょう。

 

ところで、

張ることも弛めることもない

半端な生き方をしていると、

毎日に変化を感じることができずに、

ぼんやりした日々が流れてしまいます。

 

もし、このように感じている人がいたとしたら、

ぜひ「一張一弛」の思想を生活に取り入れてみてください。

 

考え方や意識が変わることで、

必ず日常にも変化が生じるはずです。

 

また、

張るか弛めるかの一方だけだと、

人はバランスを崩してしまいます。

 

どちらかに偏ると、

シーソーのように必ずその反動が生じてしまうためです。

 

心が緊張してばかりの人は

リラックスすることが必要ですし、

逆もまた然りです。

 

自分の考え方や行動を省みることで、

自分のバランスを客観的に捉えてみましょう。

 

その上で、

今の自分に必要な具体的な行動を

見つけてシェアしてください。


また、

自分を客観的に捉えることが難しい人は、

グループの皆から意見を聞いた上で、

これからの自分に必要な行動を見つけてみてください。

広告を非表示にする

#11 手放すことで新たなものを得る

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

自分の考え方や趣味嗜好が変化していくと

昔は必要だったものでも

時が経つと不要になるものがあります。

 

例えば、

女性であれば洋服などの装飾品、

男性であれば趣味に関する道具などが

当てはまると思います。

 

今の自分に適した新たなものを

手に入れることは必要ですが、

それと同様に、

不要になったものを手放すことも必要です。

 

しかし、

「面倒くさい(怠慢)」

「いつか使うかもしれない(心配)」

「手放したくない(執着)」

「手放すことが恐い(不安や恐れ)」などの

様々な理由によって、これらを手放せない人がいます。

 

私たちは食べたら必ず便が出ますし、

息を吸った後には必ず吐くというように

「手に入れる」と「手放す」の

繰り返しによってバランスを保っています。

 

手に入れることばかりで

手放すことができないとバランスを崩します。

 

例えるならば、

たくさん美味しいものを食べたいけど

うんちしたくないと言っているようなものです。

 

前述したとおり、

怠慢、心配、執着、不安や恐れなどの考え方が

こうしたバランスを崩す要因となっているのです。

 

「出す」と「入る」のバランスを考えましょう。

 

「出入口」という言葉があるように、

実は「出るが入るより先」なのです。

 

まず出すことから始めるのです。

 

手放すことによってスペースが生じた時、

新たなものが入ってくる準備が整います。

 

積極的に手放すことで

新しいものがスッと入ってくるようになり、

エネルギーの循環が起こり始めます。

 

これが自然の摂理であり、法則です。

 

そして、

この考え方は目に見えるものだけでなく、

目に見えないものについても当てはまります。

 

感情や考え方、

時間の使い方、

人間関係、

お金や運気などのエネルギーについても、

同様のことが言えます。

 

上手に手放すことを覚えて、

良いエネルギーの循環を目指してください。

 

もし、

自分の状況が停滞していると感じる人は、

思い切って何かを手放すことに

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

これまでの経験の中で、

思い切って手放したことによって

新たなものを得た経験などをシェアしましょう。

 

または、

現在手放せていないものと

その理由をシェアすることによって、

周りの人から手放すための

勇気や励ましをもらってください。

#10 掃除は心磨き

※この文面は、私たちのスタッフ朝礼で用いている資料であり、

メンバー(サービス利用者)も同様にこの資料を用いて学んでいます。

皆で朝礼資料を読んだ後にそれぞれ1分間スピーチを行っています。

 

人間性を育むこと、

心を鍛えること、

夢や目標を実現することなど、

生きる上で重要なことを成し遂げるために

共通することは「凡事徹底」だと思います。

 

そして、凡事徹底の中でも

一番基本とされるのが掃除です。

 

掃除は、

ただ単に環境美化のために行う訳ではありません。

 

一人ひとりの心にある汚れを落として、

心を育むために行うのです。

 

「掃除は心磨き」です。

 

掃除という雑事を

日々継続して行うことによって、

目の前の問題から逃げることなく向き合う根気や

誠実さが身につきます。

 

特に汚い場所(トイレなどの水周り)の掃除では、

「嫌だなあ」「面倒くさい」という考えが

生じやすいものですが、

それに負けずに掃除を行い続けることで

辛抱や忍耐、謙虚さが身につきます。

 

これらのことが、

仕事の質の向上にも

人間性の修養にも必ず繋がります。

 

掃除を継続していると

自然と自分が成長していることに

気付くでしょう。

 

ちょっとした汚れに気付き

それをおろそかにせず掃除するというように、

徹底して平凡なことを

きちっとやっていくことの積み重ねが

やがて大差となって現れます。

 

掃除は私たちが生活する上で

誰もが行う行為です。

 

だから誰でも掃除を通じて

成長するチャンスがある訳ですが

どのような気持ちで取り組むかが肝心です。

 

自ら進んで掃除を行うか、

いやいやながら掃除を行うか。

この違いは大きいです。

 

やらされ感によって掃除をしていては

学びや気付きを得ることは少ないでしょう。

 

掃除を自己成長させる機会と捉え、

前向きに取り組むことを目指して下さい。

 

掃除も、仕事も、人間関係も、

すべて同じ基本の上に成り立っています。

 

周りから必要とされ、

信頼される人間になるために必要なことは、

掃除を行うことで身につけることができると思います。

 

これまで、

掃除を通じて学びや気付きがあった人は

そのことをシェアしてください。

 

また、

そのような経験がない人は、

これから掃除を通じて

どのように自分を変えていきたいかを

シェアしてください。

広告を非表示にする